読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maroom

茨城のすみっこで文房具にヒャッハー中。主に手帳、ノート、ボールペン、万年筆の使い方や改造について紹介しています。

LIFEクリッパーノートに合うボールペンを探すの巻

旧ブログ記事 ボールペン

※旧ブログからの記事です。

 

「ゲル」ボールペンと「ジェル」ボールペンはどちらが一般的な呼称なのでしょうか?

三菱 は「ゲル」
ZEBRA は「ジェル」
何となく響きは「ジェル」の方が好きです。柔らかそうで。
「ゲル」の方が固そうなイメージです。
あくまで私個人のイメージなので実際は分かりません。

 

さてここから本題。

 

◆LIFEのクリッパーノート使い始めたら肩こりが酷くなった

仕事用のノートにLIFEのクリッパーノートを使い始めてからというもの、どうにも肩こりが酷く…。

最初はまさかノートを変えたせいとは思わなかったんですが、他に思い当たる原因もなく、時期的にもドンピシャだったので、ちょっと環境を見直してみました。

ノートを変える気はないので、筆記具(ボールペン)の方を見直してみたところ、ちょっと良くなったような。

とりあえず疲労のせいと思われる右腕の痺れは治りました。

 

 

◆元相棒、無印の再生紙ダブルリングノート

クリッパーノートにするまで、無印の再生紙ダブルリングノート (無地、B5)を使っていて、こちらはクリッパーノートに比べるとシャリシャリした書き心地というか、ペンと紙の間に抵抗がある。
でもクリッパーノートがツルツルすぎるだけで、「再生紙=わら半紙に近い紙」で認識が止まっていた私はこのノート使って時代の流れにびっくりしました。
今の再生紙って普通のノート(キャンパスノートとか)と大分書き心地が近づいたんですねぇ…。
で、こちらのノートは筆記の抵抗感があるので、ジェットストリーム0.38が非常に書きやすかったんです。
狙ったところで筆がピタッと止まる感じ。
紙とペンの引っかかり具合がもう本当に最適で、「このノートとペンは私のためにある!!」と言いたくなる位最高の相性でした。
だがしかし、無罫。
普通の横罫が一番苦手で、確かにそれよりはマシなんですが、やはり私は方眼ラバー。
あと無罫はやっぱり図表描くとずれまくるので(単に私がぶきっちょなだけですが)ちょっと困る。
また、B5が少し小さくてA4にしたかったのもあって、「LIFEならハズレはないだろう!!」とクリッパーノートに。
LIFE大好きです。ノーブルノート(セクション)が素晴らしすぎる。
ノーブルノートにルーズリーフがあることをこの時点で気づいていればなぁ…(´-ω-`)

 

ジェットストリームの暴走

クリッパーノート、買う時はここまでとは思っていなかったんですが、トゥルットゥルです。トゥルットゥル。
ずっと触っていたい位ツルッツルな手触りです。
無印のノートが「マット紙」ならこちらは「光沢紙」。
ツルツルで真っ白な上質紙に薄いグレーの方眼罫で「さすがLIFEさんやで…!!」とうっとりしてしまう美しさ。
そしてその紙面で大暴走し始めるジェットストリーム0.38…

 

滑るんです。
めっちゃ滑るんです。
ペン先が全く止まってくれないんですorz

 

それでもサラサラ書けてしまうので初めはあまり気にしてなかったんですが、ここに肩こりの原因が。
ペン先が滑るのを抑えようとして無意識に筆圧をかけてしまっていたようで、気が付いたらノートの裏面がポコポコするようになってました。
クリッパーノートの方が無印のノートより厚手なのに、無印のノートではポコポコしたことなんてないのに、それでもポコポコしてるということは自分でも気が付かないうちにかなりの力で書いていたんでしょう。
午後になると腕が痺れるようになり、帰宅間際になると手が震えて綺麗な字が全く書けない状態に…(´-ω-`)
さすがにそこまでになると「あ、これダメなやつだ」と気が付き、何か代わりになるペンを探さねば…と試行錯誤し始めました。

 

◆手持ちのボールペンを全て試し書きしてみる

とりあえず手持ちのボールペンを全て試し書きしてみて、書き心地の良かったもの上位5つをセレクト。

 

1位:エナージェルユーロ 0.35
2位:Signo RT1 0.38
3位:SARASA CLIP 0.4
4位:Juice 0.4
5位:Signo極細 0.38(ブラウンブラック限定)

 

5位は完全に色のみでセレクト。
まぁ5位だしね、常用ペンにはならないよね、と。
Signo RT1からブラウンブラックが出ない限り、こやつはどのノートでも不動の第5位ですw
Signo RT1からこの色が出たら不動の2位になると思います(もしかしたら1位かも…)。

 

無印のノートでも同じことをやってみました。

1位:ジェットストリーム 0.38
2位:エナージェルユーロ 0.35
3位:Signo RT1 0.38
4位:アクロボール 0.5
5位:Signo極細 0.38(ブラウンブラック限定)

 

◆クリッパーノートは完全にゲルインクの勝利

低粘度油性ではアクロボールが善戦したんですが、やはり滑りすぎてアウトでした。
無印の方はやはりジェスト0.38です。
アクロボール0.5も適度な抵抗感がなかなか。
エナージェルユーロは非常に独特な書き心地ですねぇ…ゴリゴリ、なのに滑らか。
紙に接地した瞬間、ボールが沈む感触がするのも面白いです。
そして筆跡はほぼミリペン。
エナージェルユーロは紙を選ばないペンだなーと思いました。

 

一番いいな、と思ったのがエナージェルユーロだったので、ここ数日間ジェットストリームから変えてみました。
と、冒頭に書いたようにひとまず腕の痺れと、派生して起きていたと思われる手の震えは大分改善しました。
LIFEクリッパーノートにはエナージェルユーロ 0.35の組み合わせで行こうと思います。

 

◆紙とペンの相性は奥が深い

しかし、紙質とペンの組み合わせでここまで影響が出るとは思いませんでした。奥が深い。
気に入ったペンがあると何にでもそのペンを使うタイプだったんですが、状況や紙質によって変えるのも大事ですねぇ。
エナージェルユーロやジェットストリームなんかは手帳や日記に使うのは避けたいし…(経年劣化が心配)。

 

あと、今回書き比べをしていて、本体軸の太さと紙質の相性も書き心地に大分影響するなーと思いました。
同じペンでも全く印象が変わります。
無印のノートにはジェットストリーム0.38×Signo RT1軸が最強の組み合わせだけど、クリッパーノートにはジェットストリームの正規軸の方がいいとか。
これはもうちょっと試してみて、またいつか記事にまとめようと思います。