読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maroom

茨城のすみっこで文房具にヒャッハー中。主に手帳、ノート、ボールペン、万年筆の使い方や改造について紹介しています。

ほぼ日旋風が過ぎて

手帳
f:id:xyuitomarux:20140902220525j:plain
 
怒涛のほぼ日手帳2015発売から1日経って、ちょっと冷えた頭で思わなくもない。
マミタス使わないんだったらトラベラーズノートのままでも良かったんじゃね?」
と…。
 
そもそもネットでマミタス手帳に一目惚れして、あれを使いたいがためにほぼ日手帳に戻ってきたので、その目的がなくなった以上トラベラーズノートに戻るのが自然っちゃ自然なのかも。
でも何なんでしょうね、ほぼ日使い慣れてくると、まだ使いこなせてはいなくても使い続けたい魅力というか魔力というか、そういう抗いがたいものがほぼ日にはありますね。
1日ページの使いやすさと、あと結構このサイズ感が大きいです。
ほぼ日手帳を持ち歩くようになってから、トラベラーズノートは書くのには良いサイズだけど毎日持ち歩くにはやはり少々大きいんだなーと思うようになりました。
 
少なくとも今現在は、ほぼ日手帳の方が毎日使ってて何となく楽しいです。
多分、ほぼ日手帳の方が優秀とかトラベラーズノートが劣ってるとかそういうのではなく、今までトラベラーズノートは「実用性のみを追及した完全に仕事用オンリーの手帳」として使っていたのに反し、ほぼ日手帳の方は「仕事もプライベートも何でも書くよーヽ(°▽、°)ノ」とゆる~い使い方をし始めたので、その差なのかなぁと思っています。
どっちが良い悪いではなく、トラベラーズノートの方は自分で用途を縛ってしまっていたので、ちょっと嫌気がさしてたんだろうなーと。
あと、やっぱりデザインの部分が大きいです。ほぼ日手帳のカラフルさが楽しい。
ちょっとした差なんですが、手帳を開いた時に目に入るカバーの色が明るい色なので、ちょっとやる気がアップします。色彩効果って結構大きいんだなーと。
 トラベラーズノートの方は余ってしまったわけですが、来年あたり今度はほぼ日手帳に飽きるか何かしてまた使いたくなる気がしないでもないので(飽き性)、このまま大事にとっときます。
 
そして現在のほぼ日手帳ですが、毎日のメモで目一杯で大変見づらいことに…。日によってはメモ用紙を継ぎ足して使っています。
特に今日はちょっと忙しい日で書くことが多かったんですが、あっという間にスペースが不足。
プライベート用のavecを日記としても使う予定だったんですが、この状態だと仕事用と分けてもメモ以外を書く余裕は出来なさそうなので、もしかしたらPlannerも追加で買うかもしれません。昨日まで散々悩んだ意味…(´_ゝ`)
とは言え、さすがにいきなり3冊目は手が出ないので、ちょっと何か別のノートで試してみて、続きそうだったらPlanner買ってもいいなーと。
Plannerのデザインも好きなので、家置きにするならカバーを付けずに机にぽいっと、あえて無造作に置いておきたい。
 
 なんでしょうね、別に家に置いておくだけの日記帳なんて100均のノートでも十分ですし、せっかくなら余ったトラベラーズノートを使えばいいのは分かってるんですが、ほぼ日手帳は何でかこう、つい使いたくなりますね。
最早魔力に近い何かだと思いますあれは。LOFTの中の手塚ゾーンです。
 
 
ところで、Instagramツイッターのタグで「#ほぼ日手帳」を検索すると、可愛くコラージュされたほぼ日手帳がわんさか出てきますね。眼福です。
見てると自分もやりたい熱がムクムクと…自分にその手のセンスがないのと始めたところで続かないのは分かっているので (既に以前挫折済み)うかつに手を出したりはしませんが、ほぼ毎日綺麗に可愛くコラージュしたりイラストを描いたりを続けるあの熱意は本当にすごいなぁと思います。
手帳というか、もはや作品集ですよね。
日記を書くとなると1ページの限界まで目一杯文字をミチミチ書いてしまうタイプなので、コラージュしたりちょっとした絵を挟む余白がすぐになくなってしまうんですが、見習ってちょっとくらいは遊びを持たせてみたいなぁと思いながら素敵な作品を日々眺めています。